さろん・ど・遊

「たしなみをわきまえた美しい佇まいのおとな」を目指すおとなの学び舎
 03-6411-3221
お問い合わせ

お知らせ

2017 / 05 / 28  18:02

《 遊庵 》新作の発表

葉から葉へきらきら初夏を受け渡す  立村霜衣

梢に吹き渡る
爽やかな風にそよぐ
青々としたもみじ
初夏の陽射しに
葉が煌めいています

そんな青もみじの姿を帯留にしました

清々しい帯と合わせて 
初夏の風情をお楽しみいただければ幸いです

 

《 遊庵 》の作品は〈minne〉〈creema〉でご購入いただけます

2017 / 05 / 21  16:10

《 遊庵 》新作の発表

 

からころも きつつなれにし つましあれば
          はるばるきぬる 旅をしぞ思う



薫風と楽しげに戯れる
杜若の花姿を帯留にしました

水辺を思わせる帯と合わせて 
初夏の風情をお楽しみいただければ幸いです。



《 遊庵 》の作品は〈minne〉〈creema〉でご購入いただけます

2017 / 05 / 17  15:54

《 遊庵 》新作の発表

スイトピー光とともに束ねけり  西面和子

フワフワと風に揺れ
キラキラと陽に煌めく
シフォンのように
透ける花びら

可憐なスイトピーを束ねて
ブローチにしました
 
パステルカラーが
柔らかな陽に映えて
装いに甘い彩りを添えます

 

《 遊庵 》の作品は〈minne〉〈creema〉でご購入いただけます

2017 / 05 / 16  17:12

《ハンドメイド教室 ワークショップ》のご案内

葛寄せ〉の帯留やブローチを作ってみませんか

 まるで和菓子のような可愛らしい作品ができます。

 透明感のある涼しげなアクセサリーは

 これからの季節にピッタリ

 色の組み合わせをあれこれ迷ったり・・・

 どうぞ楽しみながらお作りくださいませ~

 

【ワークショップ】〈葛寄せ

日 時:6月10日(土) 13:30~ 

会 場:世田谷 ご参加の方に詳細をお知らせいたします。

会 費:5.000円 材料・お道具類すべて含む お茶菓子付き

※ お申し込みは材料等の準備がございますので、

  6月5日までにお問い合せフォームからお願いいたします。

 

  

2017 / 05 / 09  15:38

〈芝居を楽しむ会〉のご案内

〈芝居を楽しむ会〉のご案内でございます。

少し先のことになりますが、文月の歌舞伎鑑賞教室で

菊之助がまたまた大役に挑みます。

演目は『一條大蔵譚』

大蔵卿を当たり役とする吉右衛門さんの監修です。

2年前の『碇知盛』同様、音羽屋にはない役柄で、

初役の菊之助にとっては播磨屋の芸を習得する好機。

 

『一條大蔵譚』は『鬼一法眼三略巻』の一場面で、

源氏再興を志す人々の生き様を描いた義太夫狂言の名作です。

「檜垣茶屋の場」での本心を胸の奥底に秘めて阿保に徹する

大蔵卿の「阿保振り」と次の「奧殿の場」での本心を明かした

颯爽たる貴公子振りとの対比が面白く、特に「公家なまり」という

独特の台詞術で本性を明かす場面は最大の見せ場となっています。

 

昨年の「秀山祭」をご一緒された皆様は、播磨屋の大蔵卿を

覚えていらっしゃることと存じますが、腹に一物を秘めた役柄は

播磨屋の得意とするところ。

若い菊之助が何処まで演じきれるか。

各方面で今から話題になっています。

文月の演劇界は『一條大蔵譚』で持ちきりになること必至と思われます。

 

その話題の舞台のお席を【さろん・ど・遊】の皆様に既に確保いたして

おります。

お席に限りがございますので、なるべくお早目にご予約くださいますようご案内申し上げます。

お誘い合わせのうえのご参加、心よりお待ちいたしております。 

 

〈芝居を楽しむ会〉「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」

日 時:7月7日(金) 19:00開演

演 目:『一條大蔵譚』 尾上菊之助・中村梅枝・坂東彦三郎 他
    解説「歌舞伎のみかた」 坂東亀蔵 

会 場:国立劇場

会 費:3.900円 一等席 チケット代

 

※ お申し込みは24日までにお願いいたします。

※ 24日以降のキャンセルはお受けいたしかねますので、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

※ 【さろん・ど・遊】は会員制でございます。
  4月より新年度となりましたので、年会費2.000円をお手配くださいますようお願い申し上げます。

 

1 2
2019.04.24 Wednesday